京都駅から西側に行ってみよう!エリア魅力発信WEB マガジン

龍谷ミュージアム|シリーズ展7「仏教の思想と文化-インドから日本へ-特集展示:シルクロードの信仰」が7/11(土)〜8/16(日)に開催!

EVENT

2020/7/11 ~ 2020/8/16

龍谷大学 龍谷ミュージアム|シリーズ展7


シリーズ展7「仏教の思想と文化-インドから日本へ-特集展示:シルクロードの信仰」

 

開催期間:7/11(土)〜8/16(日)

開催時間:10:00〜17:00 (入館は16:30まで)

メイン

古代のユーラシア世界には、さまざまな信仰が存在しており、それらがシルクロードなどの交易路に沿って広がっていきました。新しい信仰は、もともとその土地で信仰されていた神々と、ときには争いときには融合しながら、徐々にその地歩を築いていったのです。仏教も、古くから存在したインドの神々を取り込み、さらに伝播したそれぞれの土地で現地の信仰と柔軟に融合することで発展してきました。

今回の特集展示では、シルクロードで結ばれた各地に存在していたさまざまな信仰と神々を、彫刻や絵画、そして現地から出土した文書などから具体的に紹介します。多様な信仰が、互いに影響を与えあいながら同居していた古代のユーラシアのあり方は、我々が現代の社会を考えるうえでも重要なヒントになるのではないでしょうか。

 

《展示構成》


<第1部 アジアの仏教>

インドで仏教が誕生し、アジア全域に広まる

・仏教誕生・・・釈尊(ガウタマ・ブッダ)の生涯とその教え

・仏教の広がり・・・インドから中央アジア、東南アジア、東アジアへ

・多様な仏教・・・出家修行者と在家信者が織りなす多様な仏教世界

仏像

仏立像 ガンダーラ
2~3世紀

仏頭部壁画 伝スワート
6~8世紀
龍谷大学 龍谷ミュージアム

金光明経 巻第四
平安時代後期


<第2部 日本の仏教>

日本へ仏教が伝来し、日本社会に根付く

・仏教伝来・・・仏教伝来にかかわる史実と伝承上の仏教伝来

・国家と仏教・・・国家政策としての仏教導入と貴族社会への浸透

・仏教文化の円熟と日本的展開・・・日本国内での仏教の歩みの上に新たに醸成され、幅広い階層に受け入れられていった仏教の諸相

木造 如意輪観音坐像
平安時代後期

仏眼曼荼羅
南北朝~室町時代
滋賀・園城寺

仏涅槃図
南北朝時代
滋賀・真蔵院


<特集展示 シルクロードの信仰>

・インドの神々

・ガンダーラの神々

・クシャーン朝におけるイラン系の神々

・マニ教

・キリスト教

・中国の神々

・日本の神仏習合

伝仏浮彫「四天王奉鉢」
マトゥーラ
2~3世紀

アルドクショー女神像
ガンダーラ
2~3世紀

 ご来館にあたっては、新型コロナウィルスの感染拡大防止にご理解とご協力をお願いいたします。

●ミュージアム入口で検温を実施します。37.5度以上の発熱が認められた場合は入館をお断りさせていただきます。
●感染が確認された場合に備え、入館時に氏名、連絡先等の個人情報の記入にご協力をお願いいたします。
●咳エチケットにご留意いただき、マスクの着用をお願いいたします。なお、スタッフもマスクを着用いたします。
●ご来場時には事前の体調チェックと、ご自身で必要な感染予防をお願いいたします。
●状況により臨時休館、もしくは本展覧会を中止させていただくことがあります。最新の情報は龍谷ミュージアムHPをご確認ください。

 

《開催概要》


■開催期間:2020年7月11日(土)〜8月16日(日)

※休館日:月曜日(ただし、8月10日は開館)、8月11日

 

■開館時間:10:00 ~ 17:00(入館は16:30まで)

 

■開催場所:龍谷大学 龍谷ミュージアム

 

■入館料:

 一般    550円(450円)

 シニア   450円(350円)

 大学生   400円(300円)

 高校生   300円(200円)

※( )内は20名以上の団体料金。

※シニアは65歳以上。中学生以下、障がい者手帳の交付を受けている方およびその介護者1名は無料。

 

■お問合せ:龍谷大学 龍谷ミュージアム(TEL:075-351-2500)

 ※Mail:ryumuse@ad.ryukoku.ac.jp 

 ※詳細はこちら

 

■主催:龍谷大学 龍谷ミュージアム

 

「龍谷大学 龍谷ミュージアム」
アクセスマップはこちら



一覧へ

PAGE TOP