京都駅から西側に行ってみよう!エリア魅力発信WEB マガジン

京都鉄道博物館|山陽鉄道全通120周年記念企画展「鉄道と食のいろどり」開催

EVENT

2021/5/22 ~ 2021/7/11

京都鉄道博物館


山陽鉄道全通120 周年記念企画展

「鉄道と食のいろどり」

開催期間:5/22(土)〜7/11(日)

鉄道と食のいろどり

山陽鉄道(現 山陽本線)神戸-馬関(現 下関)間が全通してから、今年で120周年を迎えます。これを記念し、食堂車や寝台車などの革新的なサービスを導入し、鉄道における食文化を広げるきっかけをつくった山陽鉄道と、その後広がった鉄道の食文化についての企画展を館内各所で開催します。

 

 

1. 祝!山陽鉄道全通120th!!


山陽鉄道 食堂車の車内(写真)

山陽鉄道は、1888(明治21)年に設立され、同年11月に兵庫~明石間が開通したのを皮切りに、1901(明治34)年5月27日に神戸~馬関間を全通させた、当時の五大私設鉄道に入る会社です。
本館2Fの常設展示エリアで、山陽鉄道のあゆみについて、同社が始めたサービスや活躍した時代背景を中心にご紹介します。
※山陽鉄道 食堂車の車内(写真)

 

2. 時代とともに発展した「食」


列車内で温かい食べ物を楽しむことができる食堂車のはじまりは、山陽鉄道が三田尻(現 防府)~京都間を走る最急行列車に連結させた明治にまでさかのぼります。現在まで続く鉄道の食文化について、食堂車や駅弁、地域の名産品を中心に企画展示室で紹介します。
※(写真上から)オシ16形客車模型(縮尺1/20)、駅弁立売箱(複製)、駅弁の掛け紙(画像はイメージ)

 

3. 鉄道で楽しめる食あれこれ


車内や駅周辺で楽しめる「食」について、JR 西日本・四国エリアを中心にご紹介します♪

【開催場所】 本館2F 生活と鉄道エリア「鉄道と文化」

【紹介予定】 ベル・モンターニュ・エ・メール、花嫁のれん、〇〇のはなし、丹後くろまつ号、TWILIGHT EXPRESS 瑞風、etSETOra、あめつち、伊予灘ものがたり、四国まんなか千年ものがたり、志国土佐 時代の夜明けのものがたり、他

「〇〇のはなし」

「〇〇のはなし」

「夢のはなし弁当」

「〇〇のはなし」内で提供される「夢のはなし弁当」

「萩のおつまみセット」

「〇〇のはなし」内で楽しめる「萩のおつまみセット」

ご来館のお客様へ

・新型コロナウイルス感染症対策のため、中止や閉鎖を継続している場所がございます。

・検温、マスク着用、手指のアルコール消毒等のご協力をお願いいたします。

・「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」を導入しています。厚生労働省アプリと合わせて、来館時に、QRコードで登録をお願いします。

※詳細は京都鉄道博物館公式HPをご覧ください。



一覧へ

PAGE TOP