京都駅から西側に行ってみよう!エリア魅力発信WEB マガジン

壬生寺の8月行事|「孟蘭盆・万灯供養会」が8/9(木)〜8/16(木)にご斎行 「六斎念仏奉納」は8/9(木)・8/16(木)に行われます(参加自由)

EVENT

2018/8/09 ~ 2018/8/16

壬生寺の8月行事のご紹介


「孟蘭盆・万灯供養会」

日時:8/9(木)〜8/16(木)

場所:壬生寺 ※ご参拝は自由です。 


◎六斎念仏 (拝観無料・小雨決行)

 ・「壬生六斎念仏」:8/9(木) 20:00〜

 ・「中堂寺六斎念仏」:8/16(木) 20:30〜

◎精霊迎え

 ・8/9(木)・8/10(金) 7:00頃〜20:00頃

◎精霊送り

 ・8/16(木) 早朝〜20:00頃

◎朱三学区 盆踊り(朱三自治連合会 主催)

 ・8/18(土) 18:00〜21:00

◎水掛地蔵堂で地蔵盆の廻向(参拝自由)

 ・8/24(金) 9:30 

壬生寺の「孟蘭盆・万灯供養会」

壬生寺にて「孟蘭盆・万灯供養会」が8/9(木)〜8/16(木)に行われ、先祖の精霊を迎え火から送り火までの期間中、本堂前に約1000個の灯籠が毎夜点灯されます。また、国の重要無形民俗文化財にも指定されている「壬生六斎念仏」が8/9(木)に、「中堂寺六斎念仏」が8/16(木)に奉納されます。 (いずれも拝観無料)

《万燈供養会》


壬生寺の「孟蘭盆・万灯供養会」

千体仏塔盆

壬生寺の万灯供養会の歴史は古く、仁平3年(1153)の記録に、「七月壬生ニ万燈会ヲ修ス。美福門坦下ニ六万本ノ供養云々」とあります。
期間中は各家のご先祖追善を願った灯籠が、本堂前に千灯以上が奉納されます。(写真上) また、灯籠はどなたでもお申し込みいただけます。(有料・寺務所にて受付)

 

《六斎念仏》


壬生六斎念仏

「壬生六斎念仏」…8/9(木) 20:00〜

「中堂寺六斎念仏」…8/16(木) 20:30〜

六斎念仏とは六斎日(身を慎むべき日。毎月8、14、15、23、29、30の6日間)に行う、念仏のことをいい、特に京都の六斎念仏は、伝承の違いよって、踊りを伴う「空也堂系」と念仏だけの「干菜寺系」に分かれます。

壬生寺で行われる「壬生六斎念仏」も「中堂寺六斎念仏」も空也堂系にあたり、鉦鼓・太鼓・笛・囃子にあわせて踊る「踊り念仏」で、獅子舞などの多彩な芸のある民俗芸能となっています。「壬生六斎念仏」は壬生寺周辺、「中堂寺六斎念仏」は壬生寺南方の中堂寺町の地域の人たちによって伝承され、壬生寺にて奉納される、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

壬生六斎念仏

 

《精霊迎え・精霊送り》


「精霊迎え」

水塔婆に戒名を書き、迎え鐘ををついてご先祖の御霊を迎えます。

迎え鐘は、嘉永元年(1848)に鋳造された梵鐘です。8/10(金)は18:00より20:00頃まで、本堂で壬生地蔵講による御詠歌の奉納があります。

「精霊送り」

水塔婆に戒名を書いて供養し、ご先祖の御霊を送ります。また、各家のご仏前にお供えしたお供物が納められます。

8:00頃から14:00頃まで、壬生地蔵講による御詠歌の奉納があり、19 :30から「精霊送り施餓鬼法要」が営まれ、送り火が焚かれて、孟蘭盆の行事が終わります。



一覧へ

PAGE TOP