京都駅から西側に行ってみよう!エリア魅力発信WEB マガジン

商店街特集|第1回  「人が集い、昔から愛される魚屋さんの魅力 〜魚晴〜」

商店街特集

2018/1/30

行ってみよう!商店街の名店へ|第1回


 人が集い、昔から愛される魚屋さんの魅力「魚晴」

 

商店街特集の第1回目は、七条中央サービス会に加盟の「魚晴」さんをご紹介。

魚晴外観

京都市中央卸売市場から七条通りを西側へ。七本松通を越え、御前通りの手前北側に店を構える、オレンジ色のテントが目印の鮮魚店「魚晴」さん。「うおせい」とお読みするとのことですが、昔からよく知っている常連客の皆さんは「うおせ」さんと呼んでおらます。

 

店頭の様子一例

お店は広い間口のオープンタイプとなっており、気軽に立ち寄れるのが印象的。店頭にある冷蔵ショーケースには捌かれたお魚はもちろん、お惣菜、お弁当なども並んでおり、悩んだりしているとお店の奥から店主さんや奥さんから優しいお声をかけていただけたりもします。

はじめてのお客さんでも、とてもフレンドリーに接してくれるお店です。

 

 

店主の岸田智之さん1

「魚晴」さんは明治時代から続く創業120年以上の老舗で、現在の店主は5代目の岸田智之さん。
岸田さんは、毎日市場に出向き、その日の一番美味しい魚、その時季の一番美味しい天然の鮮魚を厳選し、仕入れておられます。
目利きに対してもお客さんからの信頼も厚く、ご近所の方はもちろん、遠方から車で来られる方など、毎日いろいろな人が来られるほどの名店です。

(今回訪問したときは、天然のひらめやさばを捌かれていました)

店主の岸田智之さん2

 水産業団体のある調査では、子供のいる30代40代の親御さんは魚をもっと子供に食べさせたいと思いながらも、実際には肉類に比べ購入頻度かなり低いという調査結果が出ているほど。その背景には、魚に対して「健康に良い」「栄養価が高い」というイメージを持ちながらも、「調理方法があまり知らない」という意見が多いのだそうです。


「食の安全」や「お魚食育」にも力を入れられている岸田さんは、子供さんに美味しく食べてもらえるような、調理方法や料理のアドバイス(例えば、魚のたき方など)にも心がけているそうなので、お気軽に訊ねてくださいね、と笑顔で話されていました。

 

お魚の調理例

さかな屋のお弁当

さらに店主の岸田さん。東京のある料亭で、料理人として腕を磨かれていた経験もあるそうで、調理方法や料理のアドバイスにはなるほどと納得しますね。
また、料理人の経験を活かし、人気のお弁当「さかな屋のお弁当」やお惣菜、仕出しなどもされています。
写真は「さかな屋のお弁当」550円〜で、その日の一番いい魚をお弁当にされています。


 

魚晴店主・岸田さんの魅力は、実はこれだけではない。

人柄や人情、情熱が多くの人を魅了する。

 

お話を伺っている間も、お客さん以外にも多くの方々が実は来られたりしていました。

PurPureの訪問

取材中、京都発のアイドルグループ「Purpure☆(パーピュア)」のメンバー・朝比奈望流(あさひな のえる)さんがご挨拶に来られ、イベントのお話などされていました。

《写真は、朝比奈望流さん(左)と岸田 智之さん(右)》


Purpure☆(パーピュア)の活動情報

2017年12月25日、Purpure☆N.E.O初のBest album、4th single CDをリリース!この春初の全国ツアーも決定中

2017年下半期未発掘アイドルセレクト10 日本ご当地アイドル活性協会が選ぶアイドル10組にPurpure☆N.E.Oが選ばれました!

・2月4日(日)Purpure☆N.E.O祭 2018 新春初定期公演バレンタインSP企画

2月15日(木) 平成紫式部Purpure☆N.E.O推しバンLIVE Vol,2 〜赤式部の宴〜 2月15日(木) 赤式部が催する宴!

詳細情報はこちら


 

居酒屋・魚晴

おさかな屋さんが夜には一変!「居酒屋・魚晴」
魚晴さんでは、不定期ですが「居酒屋・魚晴」を開催されています。毎回、岸田さんを通じてたくさんの人が来られ、美味しいお魚料理に舌鼓を打ちながら、お酒とともに盛り上がっています。
写真は、そのときの様子です。

サマーナイトフェスティバル

「七条中央サービス会」主催イベント
実はこの岸田さん、この商店街「七条中央サービス会」の会長をされており、商店街のためのイベントをはじめ、さまざまな取り組みをされています。
写真は、地元・京都市立七条第三小学校3年生が参加する商店街との地域連携イベント「サマーナイトフェスティバル」の様子で、毎年たくさんの方々が来られています。
ほかにも、5年生が参加する1日店長として参加する商店街との連携イベントなども毎年開催されています。

さらに、岸田さんは、京都駅西部エリア内の商店街で構成された組織「梅小路活性化委員会※」の会長も兼任され、この京都駅西部エリア全体のことも考えながら、精力的に活動されています。

スタンプラリー魚晴

写真(上)は、昨年11/11〜12/11に実施された「京都えきにし商店街スタンプラリー」の様子です。

梅小路活性化委員会

写真(左)は、「京都えきにし商店街スタンプラリー」を主催した梅小路活性化委員会の構成メンバーである、7つの商店街の理事長・会長が集まった時の様子です。

※梅小路活性化委員会とは
梅小路活性委員会は、七西甲子会、西七繁栄会、七条中央サービス会、七条千本繁栄会、七条センター商店街、嶋原商店街振興組合の6商店街に、平成29年9月29日に七条商店街振興組合も加わった、京都駅西部エリア内の7商店街で構成され、強固な団結と連携をはかるとともに、地域の組織・団体・企業・行政等と連携し、地域の商業振興の発展と活性化に寄与することを目的とする団体です。


 

「魚晴」さんの魅力は、お店の商品やサービスだけでなく、店主・岸田さんの人柄や人情・情熱にもあるのではないでしょうか。決して自分のことだけでなく、人のため、他のお店のため、商店街のため、さらには他の商店街ことや京都えきにしエリアのことも考えておられるからこそ、人も集まり、そしてまた人がつながっていく。そんな魅力ある店主さんがいらっしゃる商店だと感じられました。

 


 

【魚晴】

■京都市下京区西七条北東野町19番地(七条御前東入ル北側)

■営業時間:10:00〜19:00

■定休日:日曜、祝日

■TEL:075-313-5364

ホームページはこちら

 



一覧へ

PAGE TOP